誕生日に写真ケーキの宅配でサプライズ~オリジナル写真入りケーキ通販

デコレーションケーキの保存方法

せっかくの記念日やお礼なのですから、デコレーションケーキは大きいものを選びたいですよね。
でも、スペシャルな日に必ず大勢の人が集まっているというわけではありません。
大きなケーキでも全部きれいにたいらげてしまえば問題はありませんが、取っておいて次の日にも食べたいな、という時には、なるべく美味しさを保ったままで保存しておきたいですよね。
最新の冷蔵庫は、食品を乾燥させ過ぎない専用のスペースがちゃんと設けられているものもありますので、そういう場合は良いかもしれませんが、なかなか都合良く行かない場合は、冷蔵庫に入れる時にちょっとだけ工夫をすると、翌日も美味しくいただけるようになります。
デコレーションケーキの保存方法は、知っておいて損はありませんね。

いくつか方法がありますが、まずは簡単にラップ使う方法です。
残すケーキはおたがいにくっつけて、なるべく空気に触れる面を少なくしましょう。
ラップはケーキの下の面までしっかり回るように切って、ケーキを完全にくるみます。
この状態で、出来ればおかずを載せる銀紙のカップの上に乗せたり、アルミホイルに乗せたりするとより良いでしょう。
ちなみに、お店で販売されているショートケーキの下などによく敷かれているのはアルミ箔硬質12ミクロンというものですが、そんな専門的なものを持っている人はいないと思いますので通常のもので大丈夫です。
そして、この状態で、もしすっぽり入るタッパーがあれば、それに入れてしっかりフタを閉めておけばかなり良い状態で保存出来ます。

ケーキが乾燥しないように水分を霧吹きなどでかける人がいますが、これはちょっと避けたほうが良いでしょう。
味が落ちてしまいますし、見た目も悪くなってしまいます。
水分を補給させるなら、近くに一緒に新鮮なフルーツを置いておくと効果的です。
上記の例なら、タッパーの中に切ったりんごなどを入れておくと、瑞々しいままでキープ出来ますね。

ピクトケーキは、食べた後2日以内なら保存も可能です。
10℃で保管が必要ですので、冷蔵庫のベストポジションを空けてしっかり保存しましょう。

↑ PAGE TOP